スタッフが輝いて見える理由 感謝 また頼みたくなる店

2016年12月16日

 こんばんは、店長の川井です。

昨日、参加させていただいたセミナーをきっかけに、今ハマっているブログがあります。

その中で感銘を受けた言葉があったので、ご紹介したいと思います。

「やらされているのか、自ら望んでやっていのか、それによって放たれるオーラもエネルギーも全く違ってくる。」

なるほど、同じように仕事、作業をしていても、それを感謝の気持ちを持ってやっている人は、なんか楽しそうにやっているようにみえます。ニコニコしているわけではありませんが、なんか「輝いて」みえます。

やらされていると感じながら、作業、仕事をしているひとは、そこそこに、ただこなしている、「輝き」には程遠いです。

自分がお客様の立場だとしたら、やはり、スタッフが「輝いて」いる店に、また、行きたい、頼みたくなります。


さて、私の店「おそうじ本舗川口末広店」はどうなのか?

今いる、スタッフ達は、近い将来、独立を希望して、「おそうじの仕事を覚えたい」「体験したい。」「身につけたい」ときてくれた方々です。正直、時給は決して高くはありません。それでも、辞めないでいてくれてます。他にもおそうじ屋さんはたくさんあるのに。去年まで、働いてくれたスタッフもそうです。「ここ光らせたら、お客さん喜んでくれそう」とか、よくそんな言葉をききました。

多分、最近、当店のリピーターが増えてきたのは、お客様からみてスタッフが輝いて見えたのでしょう。「オーラ」を感じていただいたのでしょう。

もし、スタッフが「輝いて」いなかったら、それは、店長である私の責任です。

明日から、いままで以上に、おそうじさせていただいていることの「感謝」の気持ちを大事にしていきたいです。
お問い合わせはこちら