エアコンクリーニング カビの臭い 10年以上前のナショナル製 川口市末広

2016年6月29日

 こんばんは、店長の川井です。本日は、川口市末広まで、10年以上リビングに設置してあるエアコンのおそうじに行ってきました。「スイッチを入れると、カビの臭いがする」とのことで、今回ご依頼いただきました。
 使用頻度が、多いエアコンは、できれば、2年に一度は、エアコンクリーニングしましょう。
before
DSCN1466
 フィルター奥のアルミフィンです。カビで黒くなっていました。臭いの原因です。また、汚れが詰まっていると、エアコンの効きが悪くなり、結果電気代が高くなってしまいます。
horizontal
after
DSCN1470
 こちらが、アルミフィン本来の色です。
before
DSCN1467
 ファンにも臭いの原因のカビが、付着してました。
horizontal
after
DSCN1471
専用洗剤と専用高圧洗浄機でここまで、きれいになります。
DSCN1469
 分解することにより、今まで見えなかったカビをみつけることができます。
DSCN1474
 今回は、古くからのカビと汚れが蓄積されていましたので、いつもより、洗剤を濃くして洗浄し、少しでも臭いを軽減するために、安定化二酸化塩素でリンスしました。これで、安心して、ご使用できます。
お問い合わせはこちら